ごあいさつ

院長近影

私たち神田キリスト教診療所は、戦後間もない1947年(昭和22年)2月に神田錦町において、生活困窮者を対象とした無料診療の奉仕活動を開始したことを契機に発足し、現代風に言うならばNPO(特定非営利活動法人)的組織を母体として診療活動を開始いたしました。やがて世情の安定とともに診療態勢も順調に充実発展させることができ、1967年(昭和42年)10月に医療法人財団福音医療会を設立し、現在は神田・町田・武蔵野の3ヶ所にて診療所を運営しております。

財団を設立してからは、地域医療だけでなく、産業医学および職場における労働衛生の重要性を鑑み、1968年(昭和43年)にレントゲン車を導入し、出張健診部門を開設いたしました。通常の定期健康診断に加えて、人間ドック・学校健診・生活習慣病予防健診や、各種特殊検診などのご要望に応じられるよう診療態勢を整えてまいりました。 

2003年(平成15年)7月に診療所施設を現在の神田小川町に移転してからも、地域および職域のための外来診療・各種健康診断・出張検診・産業医業務・在宅往診診療など多様な医療サービスをご提供するとともに、近隣の大学病院・専門施設等との密接な診療連携ネットワークを介して、患者様一人ひとりが必要かつ最適な医療を受けられるための環境を整えてまいりました。標語風に掲げるなら、「街の医務室」もしくは「メディカル・コンシェルジュ」とでも呼びうるような役割を担い、受診された皆様の医学・健康上あらゆる総合的な相談の窓口として対応できるよう努めております。

医療が高度に専門化・細分化していく一方、その制度上の疲弊が露呈しつつある現代にあっても、私たちの創成期の奉仕活動を支えた「三つの心」(仕える心・担う心・感謝の心)を永遠の初心として維持し続けながら、皆様のお役に立てる医療機関となるべく鋭意努力する所存でおります。

ご要望等ございましたら、お気軽にお申し付けくださいますようお願い申し上げます。

医療法人財団福音医療会 理事長:小西 弘一

【略歴】
1964年東京都生まれ。東京大学医学部医学科卒業。東京大学医学部附属病院にて内科全般および循環器内科を研修。東京逓信病院循環器科に勤務の後、平成13年医療法人財団福音医療会神田キリスト教診療所所長。平成17年より福音医療会理事長を兼任。
(→理事長のブログはこちら